6.15.2015

Sashimi & Osushi 刺身と御寿司


The most popular menu at Cafe Japan is still Sashimi and Sushi!    Luckily Sri Lanka is island and the paradise of fish!  It has become very common to have Sushi in Sri Lanka though yet some seem to be misunderstanding the differences of  Sashimi and Sushi.   Sashimi is no rice like above picture and just sliced plain fish.   Sushi has variety of styles like Rolled sushi, Nigiri sushi, Chirashi zushi, Temaki sushi, and so on and it has contained with Rice and seafoods, meat, or vegetables.    It was not common in Japan to use meat for sushi but not now.  When we have opened Cafe Japan Restaurant in Colombo 2000, it was not so popular menu in Sri Lanka yet.   Only some customers requested them.    However, when the customers visited us at their 5 years old, now become 20 years old and they have no wall to have them at all.
カフェジャパンの人気メニューは何と言っても、刺身や寿司ですね。スリランカは島国で魚も新鮮なものが手に入りますので、大変美味しいです。開店当時は、一部の方しかお召し上がりにならなかったと思いますが、現在では、寿司、刺身は大変普通のものになってきている気がします。考えてみたら、私たちが開店当時にお会いしていた5歳のお客様は20歳以上になられているのですからね。今は、寿司、刺身を召し上がるのに、何の壁もありません。大変うれしいですね。しかしながら、一方で今でも、刺身と寿司を混同されているお客様がいらっしゃいますよ。もちろん、説明すればすぐにお分かりになられます。
This is Rolled sushi with Delicacy tuna.  Some are using a lot of Soy sauce to have sushi though I would like to tell that Sushi has already used some salt and it may be caused high intake of salt if you sink your sushi in soy sauce.  Sashimi as well.  Hope you enjoy foods but  take care of high intake of salt!  If you feel thirsty a lot after eating sushi, it maybe a sign of high intake of salt.
私が個人的に見ていて心配になるのは、刺身や寿司をたくさんのしょうゆに浸して召し上がるお客様がいらっしゃることです。外国の方には案外知られていないのですが、お寿司にも塩は使われます。ですので、しょうゆをつけ過ぎると塩分過多になり、のどが乾いたりします。おいしいものですが、気をつけなければなりませんね。

2 comments:

武田晶 said...

刺し身やお寿司良いですね。海外生活が長い人でも、帰国して最初の食事はこれらと決めている人が多いですね。現地で食べられるなら、なおさらです。私も好きですが、それほどの執着も無いです。あれば、美味しくいただくし、無ければ無いで生活してます。でも、醤油味と米は欠かせません。

CAFE JAPAN 0777-263564/0777-263565 Lunch: (Weekends 11:30)1200-200pm Dinner:Reservation required Delivery time:1100am-200pm said...

美味しいお寿司を食べたくなりますね。お米もあるから、寿司を食べたくなるんですかね?
醤油もつけますしね。